' . "\n"; ?> 新潟市 英会話メッツ ■ シドニー研修滞在記 8日目
英会話メッツ 玄関

www.mets-eikaiwa.com

本物のコミュニケーションで「会話人」を目指す英会話METSは、新潟市中央区の英会話教室です。

 ■ トップ
 ■ スクール概要
 ■ レッスンの様子
 ■ 受講生の声
 ■ 7つの特徴
 ■ 料金表
 ■ 各種コース紹介
 ■ 無料体験レッスン
 ■ トラベル英会話
 □ 連載
 ●ワンポイントレッスン
 ●フォトアルバム
 ●シドニー研修滞在記
【 生徒募集中! 】

お問い合わせは、お電話・FAX・Eメールにてご連絡下さい。なお、平日も随時受け付け業務を行っております。この機会にぜひ心と心を通わせる会話人への扉を開けてみませんか?英会話メッツではそんな皆さんをサポートしてまいります!

お問い合わせ

 

新潟 英会話教室メッツ

新潟 マナー・メイク フィニッシングスクール ウィルハウス


新潟市 ミナミプラザゴルフスクール

METSのシドニー研修滞在記

◆ 9月23日 晴れ 〜いよいよ帰国。研修を終えて〜

朝9時のフライトに向け準備は万端。機内ではとにかく寝るのみと徹夜で迎えたシドニー最終日の朝です。この日は丁度シドニーマラソンがあるらしく朝から道路が封鎖されていました。(photo1)


シドニー8日目
Photo 1

空港に着き先ずは朝食です。ここで一つハプニングが。やたらと塩辛く硬いベーコンを食べていた時の事。突然口の中でガリっとにぶい音が。何だ?舌を使って口内チェック。何と右奥歯がかけているではありませんか。oh my god!帰国後勿論歯医者へ行き治療をしてもらいましたが「この人どんなベーコン食べてるんだろう」と思われるのが恥ずかしく外国でというところを強調しておきました。皆さん、固いベーコンには気を付けましょう(photo2)

シドニー8日目
Photo 2

機内では予定通りグッスリ睡眠。あっという間に成田着。新幹線に乗り同日夜11時半には自宅へ戻っているという、「本当に今朝までシドニーに居たのかなぁ」と何とも不思議な思いになった最終日でした。時差が僅か1時間と時差ぼけ(英語ではjet lag と言います)の無いオーストラリアは本当にお勧めの地です。この研修記をお読みになってオーストラリア、短期留学に興味を持たれた方、是非ともお試しあれ。以上、シドニー研修滞在記でした。

I hope you enjoyed my travel journal. Thank you for reading.
So long !!

 

追記〜研修を終え今思うこと〜

先ずは今回この様な機会を与えて下さった英会話メッツの生徒の皆さんに感謝致します。帰国後の私の話の中でどれだけ充実した1週間を過ごす事が出来たか感じていただけたかと思います。本当にありがとうございました。
さて、研修記の中でも触れていますが今回のシドニー滞在中様々な発見、変化がありました。先ずはスクール初日での出来事。日本、韓国からの留学生と話す機会があったのですが緊張と不安の面持ちの彼らに対して「よっしゃ、ちょっとリラックスさせてあげようかな」と思い、積極的に話しかけシドニーの良さを語れた自分。13年前の私ときたら朝になると緊張で腹痛を起こしていたくらいですから、この変化は新鮮でありまた嬉しくもありました。同時に年をとった事を痛感する瞬間でもありましたが、当時の自分と彼らを重ね合わせ「な〜んも心配ないよ」と心から思える事が出来ました。

シドニー総評
シドニー総評
Photo 3
Photo 4

また海外での1人暮らしは時に孤独感に襲われるものです。特に夕暮れ時はもうビシビシきちゃいます。当時ルームメイトと英語でのコミュニケーションがうまくとれず帰宅恐怖症に陥った事がありました。夜になるまでシドニーの街をブラブラ彷徨っている日が多く、そんな時は猛烈な孤独感、自信を持てない自分への苛立ち、先行きの不安等々、正直ふさぎ込む日々が多かった様に思えます。ところが今回はどうでしょう。自分には帰る場所がある、やるべき事がある、この思いを伝えるべき人々がいる、そう思えた事で1人であるにもかかわらず寂しさなんてヘッチャラです。これから海外へ飛び出そうとされている方、また現在異国の地で奮闘されている方、はたまた日本国内で出口が見えなくなっている方、(ちょっと表現が大袈裟になっていますが)希望を持って前進して行きましょう。人生 No pain no gain であり Take it easy でもあり、またWhere there's a will, there's a way なんじゃないかな、と。(左記のフレーズは私も大好きなプロゴルファー宮里藍ちゃんも座右の銘として挙げていましたねぇ)

シドニー総評
シドニー総評
Photo 5
Photo 6

最後に英語、英会話というものに関して今回感じたことを述べさせて下さい。海外の英会話スクールに行くと多くの方がESLコース(English as a Second Language,第2言語としての英語)を取られる事があると思います。これは当然の事ですが日本の英会話スクールとは違い皆さんのクラスメイトは世界中から集まった留学生になります。するとどういう事が起こるでしょう。日本でネイティブスピーカーの英語を必死で聞いていた我々にとっては、例えばアジア諸国の人達、南米の人達の英語が聞きづらくて仕方ありません。アクセントがキツ過ぎるんです。13年前も同じ経験をした私ですが当時は正直「どうせネイティブの英語じゃないから聞き取れなくてもいいや」と思い、気に留める事もありませんでした。しかし今回は「これも英語に変わりないよな。国際人としてコミュニケーションを取るには彼らの英語も理解出来なきゃ」と思ったのです。単純に彼らともコミュニケーションが取れれば楽しいですから。更に世界が開けたような思いをした瞬間でした。
時を同じくして(株)アルクから出版されているENGLISH JOURNAL10月号に次の様な記事を発見しました。「世界の英語話者は約15億人だがネイティブイングリッシュスピーカーはその4分の1でしかないと」。この事実は今後の私の方向性に大きなヒントを与えてくれたと思っています。

この様に1週間という滞在期間ではありましたが極めて多くのことを感じ、投げかけられ、そして学んだ1週間でした。幸いにも私は今回感じたこの思いを語れる人々が身近にいます。そしてそれは私の仕事でもあり、責任でもあるのだと思います。願わくはより多くの人々が昨日までめぐり逢う機会すら無かった、そんな事を夢にも思わなかった世界中の人々とのコミュニケーションを楽しみ、心豊かに人生をenjoy する事が出来たのなら何て素敵なんだろうと思うのです。

〜研修を終え今思うこと〜、ここでは語り尽くせない沢山の思いで一杯な38歳一歩手前の私の手記でした。

おしまい。


 【シドニー研修滞在記目次に戻る】

 

心と心を通わせるコミュニケーション
TOEIC/TOEFL/英検各種資格対応!
安心の月謝制で入学金はありません。
新潟市 英会話スクール # 教室 METS(メッツ)
〒951-8126 新潟県新潟市中央区学校町通り2番町568-18 サンライフ1F
TEL 050-3740-9451 MAIL info@mets-eikaiwa.com
- Copyright 2006-2015 METS Eikaiwa Niigata / all right reserved -